HOME>特集>ルールを守らないと施術を受けられないこともあるので注意が必要

施術を受けている期間は日焼けNG

美容に関心が高い女性が多い横浜では、ムダ毛をカミソリなどで自己処理するのではなく、エステサロンや美容皮膚科といったクリニックでの脱毛で処理するケースが増えています。このような脱毛法は毛根からムダ毛を処理できるので仕上がりがキレイ、そして肌へのダメージが少ないというメリットがあります。近年、ムダ毛処理の主流となっているエステサロン・クリニックでの脱毛ですが、施術を受けている期間は日焼けをしないということを守るのがルールです。エステサロンやクリニックで受けられる脱毛法は、毛根部分にあるメラニンという黒い色素に反応する特殊な光やレーザーを使って施術を行います。日焼けしている肌にもメラニン色素が大量に存在しているため、施術を行うと毛根ではなく肌細胞にダメージが加わるため、日焼けをしている肌だと脱毛が受けられないケースも少なくありません。

ムダ毛の処理は電気シェーバーがおすすめ

エステサロンやクリニックで脱毛を受ける際は、前もってムダ毛を自己処理しておく必要がありますが、毛抜きで抜くというのはNGとされています。横浜のエステサロンやクリニックでは、脱毛前の自己処理として肌へのダメージが少ない電気シェーバーの使用を、推奨している所が多いようです。

施術前後にしてはいけない行動とは

ムダ毛を横浜のエステサロンやクリニックで脱毛する場合、施術前日と当日はアルコールを摂取しないよう注意が必要です。エステサロン・クリニックで受けられる脱毛法は特殊な光やレーザーを肌に照射し、これらの熱エネルギーで毛根にダメージを与えムダ毛を処理します。施術後は肌に熱が溜まっている状態となるので、その時に血行を良くするアルコールを摂取すると、肌の赤みが増してしまうリスクがあるため、飲酒はNGです。

広告募集中